銀行カードローンの特徴

銀行系のカードローン

カードローンの種類の中には銀行系と呼ばれるものがあり、その中でも2つに分類することができます。

 

ひとつは大手の銀行や都市銀行など、店舗を持つ銀行が提供しているもの、もうひとつがインターネット上で営業しているネットバンクが提供しているものです。

 

ここでは店舗を持つ銀行が提供しているカードローンについて紹介したいと思います。

 

まずはじめに銀行の提供しているカードローンの大きな特徴として考えられるのが、「総量規制」の縛りがないという点です。

 

総量規制とは、貸金業者が消費者に対して年収の3分の1を超える融資はできないという法律で、これを守らなければ罰則の対象となります。

 

ですから消費者金融などの貸金業者が提供しているカードローンにはすべて総量規制の縛りがあって、たとえ年収が多くても借り入れが3分の1を超えている場合には利用することができません。

 

しかし銀行は貸金業者ではありませんから総量規制の対象とはならず、たとえ年収の3分の1を超える融資でも可能となっています。

 

これだけ聞くと銀行系のカードローンは条件が緩いのではないかと思うかもしれませんが、実際はそうではありません。

 

一般的に銀行系のカードローンは他のカードローンよりも厳しいと言われていますし、融資額が大きい分しっかりと審査を行います。

 

また消費者が安心感を持って利用することができるのも特徴のひとつだと言えるでしょう。