無理なカードローンの借り入れはしない

無理なカードローンの借り入れはしない

カードローンは無理な借り入れをしないことが重要だとあらゆるところで言われますが、これは無理な借り入れが身を滅ぼす直接的な原因となるからです。

 

そこでここでは無計画に無理な借り入れをしてしまうとどうなるのかについて考えてみたいと思います。

 

まずはじめに、『無理な借り入れ』とは、返済ができるかわからない金額を借りてしまったり、借金を返済するためにカードローンを利用したりするような使い方を指しています。

 

カードローンを取り扱う業者は申し込み時に審査を行いますから、ある程度無理な借り入れを防ぐことはできます。

 

しかしそれはあくまでも情報が明確になっている場合のみで、個人的な金銭の貸し借りなどは把握できませんし、カードローンを使うのは申し込みをした本人ですからその辺りまで調べることはできません。

 

つまり無理な借り入れはしようと思えば誰でも可能なのです。

 

そうした借り方をしてしまうとだんだん多重債務となっていき、やがて返済が滞るようになります。
すると現在利用しているカードローンの利用ができなくなるだけでなく、他社のカードローンやキャッシングなどの金融商品も利用できなくなります。

 

最悪のケースになると法的手続きを取らなければならなくなり、クレジットカードも使えなくなりますし住宅・自動車などの大型ローンも組めなくなります。

 

このような結果にならないためにも、利用前の段階できちんと返済計画を立てておいてください。